あなたの家の中にも価値のある金品や時計があるかもしれません。買取価格の相場について知っておきましょう。

時計選びの豆知識

買取価格の相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ある情報源によれば、日本人の多くが、家の中に換金すれば平均して2万円ほどになる財産を持っているそうです。
あなたも自分の家の中に、お金になるかもしれない物品を見つけることができますか?最近では、要らなくなった洋服や靴、鞄、雑貨などをリサイクルショップへ持って行って売ることが出来ますよね。
ですから、どんなに小さなものでもお金になる可能性を持っているということは多くの人が知っているかもしれません。
しかし、それらの中古品は大きなゴミ袋を何袋も使って持っていっても数百円にしかならないことがあります。
それはどうしてなのでしょうか。
やはり、商品自体の価値が低いからかもしれません。
例えば、綿で出来ている洋服は、もともとの価値がそれほど高いとは言えないものです。
その上誰かが着用して、何度か洗濯などをしているうちに型崩れしてしまったり、色があせてしまうかもしれません。
人が使ったことにより価値がぐんと下がることでしょう。
一方で金など、元々の商品価値が高く、時間がたっても価値が変化しにくいものは、換金すれば大きな額となる可能性があります。
時計も高価なもののうちの一つかもしれません。
高級時計は、時計盤の基礎部分にきちんとした金やプラチナなどを使用していることが多く、量こそ多くはありませんが価値が高いといえます。
また、レディース用に作られた時計なら、ダイヤモンドなどの宝石が時計にあしらわれていることが少なくありません。
そうなるとダイヤモンドの価値も金額に反映されることでしょう。
お金になりそうな時計が家に眠っているという人は、一度時計買取店で、いくらで買い取ってもらえるのかを聞いてみると良いかもしれません。
買取店によって、買取価格に差があるかもしれませんが、一般的にどんなに新品の時計であっても購入価格そのままで買い取ってくれることはありません。
良くて元値の85%くらいだと思っておきましょう。
一番良くて80%台ですから、購入から何年も経っていたり、身につけたことがあったりして古くなっている場合は70%くらいでしょう。
もし、傷が入っていたり、錆びていたりするなら、さらに買取価格が下がってしまいます。
場合によっては保存状態の良い中古品に比べると10万円以上の差が付いてしまう可能性もありますから注意してくださいね。
相場を知っておけば、買取査定に出してもショックを受けなくて済むでしょう。
査定方法に関して事前にある程度の知識を学んでおく事もおすすめします。

Copyright (C)2016時計選びの豆知識.All rights reserved.